ニイガタディーゼル

鉄道車両用エンジン
“素晴らしい自然を駆け抜ける”

ニイガタは、1933年に日本で最初の国産動車用ディーゼルエンジンの独自開発に成功しました。その後も次々に新機種を完成させ、当時の国鉄や私鉄、製造工場などに幅広く納入し、鉄道車両用エンジンメーカーとしても、その地位を確固たるものにしていきました。
技術は時代を超えて受け継がれ、現在も軽量コンパクトで耐久性、メンテナンス・経済性を兼ね備えた高機能ディーゼルエンジンとして評価を受けています。

主 要 目

機関型式 形式 シリンダ数 シリンダ径
mm
行程
mm
総排気量
(リットル)
機関出力
kW(PS)
回転速度
min-1
過給方式 全長
mm
全幅
mm
全高
mm
単体質量
kg
DMF13HZ 4サイクル横形 直列 6 130 160 12.7 242
(330)
2000 インタクーラ付
排気タービン式
1432 1374 723 1310
DMF13HZA 4サイクル横形 直列 6 132.9 160 13.3 330
(450)
2000 インタクーラ付
排気タービン式
1432 1416 742 1410

 

 

※ 詳細については弊社営業までお問い合わせください。WEB TEL