発電監視装置 EDEN® PLⅢSYSTEM

EDEN®とは

ニイガタEDENシステムは長年ディーゼルエンジン、ガスタービン、ガスエンジンによるコージェネレーションシステムの運転監視を行ってきました。
その豊富な経験をもとに、EDEN PLⅢとしてバージョンアップし、さらに使いやすくなりました。

センターからプログラムまで安心のトータルデザイン

 ●多彩な機器構成

お客様の保有設備に合わせて、監視システム構成を選択できます。

お客様監視設備+フィールドユニット(外部通信機能付き)
お客様保有監視装置からコージェネレーションシステムの運転状態、警報状態を監視

モニタユニット+フィールドユニット
遠方の事務所では、モニタユニットで監視および帳票出力
 
上記構成+通信ユニット
インターネット回線を経由し、当社ニイガタ集中監視センターと接続

※別途インターネット接続回線が必要です。
※ガスエンジンおよびガスタービン用EDENシステムには通信ユニットを標準装備

モニタユニット :演算装置本体+17インチ液晶表示器+インクジェットプリンタ+UPS
フィールドユニット :データ変換装置(+外部通信機能)
通信ユニット :データ収集装置+WEBサーバ装置+ブロードバンドルータ
     
 ●各シリンダ出口温度、燃焼振動、
 燃料噴射期間を一括表示させるグループバー表示
   ●エンジンを中心としたプラントの各機器相互関係が一括でわかる、
 コージェネレーションシステムプラント系統図表示
 
 ●電力系統図表示    ●パネルイメージの接点表示
 

(重故障・中故障・軽故障および状態接点)

 ●イベント来歴一覧表(警報、発停を含め最新1200イベントまで常時保管)    ●異常発生時、発生前後の計測データログトレンド
  (1)発生前9秒間、発生後1秒間  (100㍉秒サンプリング)
  ※アナログ96点、接点192点
(2)発生前290秒間、発生後10秒間  (各1秒サンプリング)
 ●総ての計測データに対し、その状態変化を把握できる豊富なトレンド表示    ●発電所日報、発電機日報
リアルタイムトレンド(2種類)
各5秒サンプリング、各1分サンプリング
ヒストリカルトレンド
各1秒サンプリング(最新1ヶ月間保管)
 ※1秒、1分、30分間隔で選択表示可能
  発電所月報、半期報の自動印刷/手動再生印刷
 ※最新2年間分保管
 ●マニュアルを必要としない操作性の良さ
センサーからプログラムまで安心のトータルデザイン


 

システム系統図

 

 

モニタユニット機能一覧

寸 法 図

フィールドユニット(自立盤)
モニタユニット
標準入力点数(フィールドユニット1台当り)
 アナログ信号 128点
接点入力  192点
積算用パルス入力 8点
モニタユニット本体は市販パソコンを使用していますが、監視装置として内部機能を
 設定しているので汎用パソコンとしての使用はできません。
モニタユニット用OAラックは、弊社標準品です。
フィールドユニット自立盤の形状、寸法は標準品について記載しています。
 内部搭載機器、設置場所により大きさが異なる場合があります。

.