環境保全

基本理念

 1919年に日本最初の産業用ディーゼルエンジンの製造を開始以来、省エネルギー・環境調和型エンジンを開発、商品化するなどエンジン分野ではパイオニア的役割を果たしてまいりました。
  当社製の原動機及び関連商品は、船舶推進用、産業用、発電用として社会の様々な分野で活用され信頼を得ています。
  企業活動に当たっては、環境保全への取り組みを経営の最重要課題の一つと認識し、もって社会規範を遵守して環境に配慮した生産活動を推進し、環境と調和した商品及びサービスを提供することによって、次世代のための豊かな地球環境の保全に貢献する事を基本理念とします。

 

環境方針

  1. 省エネルギー・省資源を推進してライフサイクルを通して環境負荷を低減する商品の開発・普及に努め、事業活動において継続的な経営資源の投入により、廃棄物の削減と資源のリサイクルに取り組むとともに、地球温暖化の防止に努めます。
  2. 環境側面に関連する法規制及び地域社会との協定等を順守し、化学物質の管理とともに、環境負荷低減への継続的な改善を行い、環境汚染物質の流出防止のため予防処置を図り環境保護に努めます。
  3. 本環境方針及び環境改善活動に関しては、環境報告書等で社内外に情報を公開し、地域社会及び広く当社を取り巻く関係者との共生を図ります。
  4. ISO14001に適合した環境マネジメントシステムを各部門で構築し、維持するとともに、パフォーマンスを向上させるため、システムの継続的な改善を行います。
  5. 本環境方針と整合する環境目標の設定及びレビューのための仕組みとして各層において期毎に到達すべき目標を設定し、その目標の達成に向けて努力します。
  6. 本環境方針を当社及び関連する会社の全員に理解させて教育を通じて環境意識の向上に努めるとともに、この方針を適切に持続するため定期的にレビューを行います。

 

ISO14001環境マネジメントシステムの概要

 今起こっている環境問題は、世界共通の問題として認識され国際会議の主要課題となっています。

  産業界でも環境に配慮した経営を行おうという気運が高まり、そのツールである環境マネジメントシステム(Environmental Management System:以下EMSという。)に対する要求事項をISO(国際標準化機構)で標準化を行いISO14001規格として '96年9月に制定されました。

  ISO14001は、企業がEMSを構築するために必要となる考え方、枠組み、システム運用のために必要条件を示すもので、環境方針、計画のプラン(P)から始まり、実施及び運用のドゥ(D)、点検及び是正処置のチェック(C)、経営層の見直しのアクション(A)からなるPDCAサイクルをまわしながらEMSの継続的改善を要求しているシステムです。